ある教師の365日

教師になってそれなりの年月が流れました。 よく教師は何にでも挑戦して失敗してもいい!! って教えてます。でも、実際に教師が挑戦することはなかなかできてません。 教師がまずは挑戦して失敗してみよう! そんな思いで書いてます!! バカなことも真面目なことも書いてます(。>∀<。) お気楽に読んでお気楽にコメントしてください。 Twitter:@ryousukeajiro Instagram:ajiroryosuke

タグ:教職研修

『教職研修12月号』 『教職研修』12月号を読みました。 定期購読を4月から開始してあっという間に12月号、来年以降も定期購読する気持ちになってくるくらい毎号、教育関係の学びがあります。 12月号で印象に残ったのは教育時事、「国葬論議、置き去りにしたもの ... もっと読む

 『教職研修』11月号  年間購読中の教職研修11月号、毎号学びが多い雑誌です。 今月号で印象に残った記事1つ目は中原淳教授の”校長育成の「しくみ」”の学校管理職「登用」のしくみを考える、です。 現在、各自治体で行わている管理職試験では何を測定し選抜され ... もっと読む

 教職研修10月号 教職研修10月号を読みました。特集のタイトル「教頭先生の働き方改革をあきらめない」が響きました。教頭先生はどこの学校でも本当に疲れているように感じます。とりあえず教頭みたいなことがまかり通っている気がします。教頭がなんとか頑張ることで ... もっと読む

『教職研修9月号』 定期購読している教職研修の9月号。9月号からは2つ印象に残った記事について書いておこうと思います。 ”教育の断面 戦後民主主義の夢よ、さようなら部活「地域移行」の物語” 和歌山章彦  タイトルからなかなか興味深々で読み始めたのですが、 ... もっと読む

 教職研修 8月号 教職研修の最新号の8月号を読みました。今月号は特集2「地域移行」前に模索したい健全な部活動のあり方について。部活動の地域移行は近年、徐々に現実味を帯びてきているように感じています。全国大会への学校部活動以外からの参加が可能になったりと ... もっと読む

↑このページのトップヘ