『推し、燃ゆ』を読みました  宇佐見りんさんの芥川賞受賞作。前作の『かか』の時に少し読みづらさを感じていたんですが、今回の『推し、燃ゆ』はまったくそんなことがなく、現代の生きづらさの表現がバシバシと心に突き刺さってきて、芥川賞受賞のハードルをやすやすを ... もっと読む