ある教師の365日

教師になってそれなりの年月が流れました。 よく教師は何にでも挑戦して失敗してもいい!! って教えてます。でも、実際に教師が挑戦することはなかなかできてません。 教師がまずは挑戦して失敗してみよう! そんな思いで書いてます!! バカなことも真面目なことも書いてます(。>∀<。) お気楽に読んでお気楽にコメントしてください。 Twitter:@ryousukeajiro Instagram:ajiroryosuke

カテゴリ: 書籍(書評)

『博士の長靴』  数世代にわたる家族の物語。最初に登場する家族から視点が変わりながら続いていく物語。途中に少しだけ闇の部分が入ってきたりもするんですが、それもきっと天気というテーマが根っこにあるから晴れの日も雨の日も曇りも嵐も人が生きていくうちにはあるっ ... もっと読む

『夏の体温』瀬尾まいこ 瀬尾まいこさんの小説を今まで何冊か読みましたが、どれも心がホッとする小説です。今回の小説は短編集でした。表題になっている「夏の体温」と「魅惑の極悪人ファイル」「花曇りの向こう」という3作品で、2作目はタイトルだけ見るともしかして瀬 ... もっと読む

 『友人の社会史』石田光規 教職研修で赤坂先生が取り上げていた『友人の社会史』が気になったので読んでみました。友人とは何なのかという問いに対して、新聞に登場する「友人」「親友」という膨大な量のデータを分析し、友人という関係がどう変化してきたのかを導き出し ... もっと読む

『複雑化の教育論』   内田樹さんの複雑化の教育論を読みました。内田さんが書かれた本は結構、読んできたんですがいつも興味深く読むことが出来ます。それは内田さんがあとがきで書かれている、「できるだけ誰も言っていないことを書こうと努めている」からだと思います ... もっと読む

 『人面島』中山七里 中山七里さんの人面島という小説を読みました。図書館に行って新着に並んでいたのでなんとなく借りてみんですがシリーズ2作目みたいでした。内容としては人里離れた島で起きた遺産相続を巡る一族の争いの中で起きた殺人事件を遺産整理人として呼ばれ ... もっと読む

↑このページのトップヘ