ある教師の365日

教師になってそれなりの年月が流れました。 よく教師は何にでも挑戦して失敗してもいい!! って教えてます。でも、実際に教師が挑戦することはなかなかできてません。 教師がまずは挑戦して失敗してみよう! そんな思いで書いてます!! バカなことも真面目なことも書いてます(。>∀<。) お気楽に読んでお気楽にコメントしてください。 Twitter:@ryousukeajiro Instagram:ajiroryosuke

カテゴリ: 教育関係

 教職研修10月号 教職研修10月号を読みました。特集のタイトル「教頭先生の働き方改革をあきらめない」が響きました。教頭先生はどこの学校でも本当に疲れているように感じます。とりあえず教頭みたいなことがまかり通っている気がします。教頭がなんとか頑張ることで ... もっと読む

 自己啓発本は役に立たないから意味がない 先日の西野さんのvoicyの自己啓発本に対する内容が確かにそうだなという内容だったので記録しておこうと思います。最近は西野さんのvoicyを音声ではなくfacebookの文字の投稿で読むようになりました。僕、個人的には音声言語より ... もっと読む

 9月21日(水)読書会にむけて 先日も紹介させてもらった読書会がいよいよ明日になりました。どんな話をすればいいかを考えだしていろいろと資料を集めて構成してを繰り返してなんとかまとまってきました。余裕を持ってやればいいのにいつもギリギリになってしまうのは ... もっと読む

9月21日(水)にオンライン読書会がありますありがたいことに2020年に発売された『Society5.0に向けた進路指導 個別最適化時代をどう生きるか』の読書会を開催してもらえることになりました。しかも、話題提供者という形で最初に少し話をさせてもらえるということなので久 ... もっと読む

『教室マルトリートメント』川上康則 買っていたのに読めていなかった『教室マルトリートメント』を読みました。マルトリートメントという親子間の不適切な関り方という言葉をベースに学校における子どもとの不適切な関り方を書かれた本です。自分自身の教室での言動の中に ... もっと読む

↑このページのトップヘ