みんなのオンライン職員室『学び合い』サークル

 みんなのオンライン職員室内の『学び合い』サークルでマイクラの教育版を体験させてもらいました。基礎の基礎の動かし方からから丁寧に教えてもらってやったんですが、これは楽しい。マイクラユーザーが世界中にいる理由が少し分かりました。
 教育×マイクラの組み合わせはめちゃくちゃあるなと思いました。もちろんすでに多くの学校で実際にやられている方がいるんですが、実際にやってみるとその可能性に気づきます。

 動かしている間にどんどんアイデアが湧いてきます。これは子どもが想像を超えていろいろやってくれるだろうなとワクワクしました。

 自分の思いついたことを表現できる。基本的に学校では考えたことを文章で書くという機会が圧倒的に多いです。でも文章では表現できないけれどマイクラでは表現できるって子どもはいると思います。詩を読んで感じた世界なんかをマイクラで表現するっていうのも面白いと思いました。

 あとは主人公以外の視点で物語の世界を作るっていうのも出来そう。自分の住んでいる町を再現して防災について考えるとか、自分が行ってみたい町をデザインする、自分が通いたい学校を考える。などなどいろんなことが出来そうな気がします。

 理科の実験なども出来るみたいで、スイヘイリーベ・・・みたいにただ覚えるよりこれとこれを足したらどんな反応がするんだろうと自由にやっていったほうが間違いなく覚えるだろうなと思いました。

 ほんとに高校のプログラミング授業はマイクラを使ってプログラムを組んで、町を作るとかでいい気がしました。それくらい楽しみながら学べる可能性があるなと思いました。

 ただ同時にマイクラをやってみて、絶対にマイクラでやることにこだわらないこともわりと大事なんだろうなと思いました。マイクラに拘り出すとマイクラをやることが目的になっていってしまう危険も感じたので、学習の中の選択肢にマイクラが入ったデザインが出来るといいなと思いました。

 ただとにかく実際にやってみると楽しさが分かるし、可能性を感じます。またやってみようと思います。ただ、問題は家のパソコンのスペックが低いと同時にいろんなことが出来ないということです・・・


minecraft-gff9f0c19a_1280