人間関係を大切にする

『日本でいちばん大切にしたい会社』の中で読ませてもらっていつか見学に行かせてもらいたいと思っていた伊那食品工業さんの記事を見かけたので読んでみました。経営方針や大事にされていることのほとんどが改めて、なるほどなと思うことばかりでした。価格競争や大量生産・大量消費の考えにのみ込まれることなく経営を続けている姿は参考にできることが多いなと思いました。その中でも僕自身が最近本当にそうだなと思ったことと話されている内容が近かったので、引用させてもらいます。
 人間関係が良好な場にいることができれば、「快適に仕事ができる」ということ。 そのため、当社では人間関係がうまくいっているかどうかを見ています。
 
 人間関係が良好とはどういう状態か

 では、人間関係が良好とはどんな関係なんでしょうか?何でも言い合えるとか、困った時に困ったと言えるとかいろいろな要素があると思います。僕は”気兼ねなく笑える”が大切だと考えています。大声で笑う必要はないんですが、声を出して笑うことが出来る空間が大切だと思っています。
 もちろん人を皮肉ったりするような内容で笑うとかではなく、とりとめない話で笑える空間があるかどうか、何か前向きな提案に対していいねと笑顔で応えがある場所が、人間関係が良好な状態だと思っています。
 職員室内がまずそうなっているか、そして教室でもそうなっているか。笑い声や笑顔というのが僕の中で人間関係の良さを見る1つの指標になっています。
 
 リンクを貼っていますが、無料会員登録しないと全文は読めません。僕は無料登録しました。




team-gb697730dd_1280