ジョブ型雇用とは

 ジョブ型雇用という言葉をネットや本で見かけるようになってきました。日本のメンバーシップ型雇用と比較され、日本の雇用形態もジョブ型に変わっていっているという論調をよく見かけます。
 しかし、そもそもジョブ型雇用の認識が日本では勘違いされているという記事を見ました。記事のリンクは最後に貼り付けておきます。分かりやすい解説なので、ぜひお読みください。
 ただ、勘違いしている以前に学校現場ではそもそもその変化を敏感に感じている人が少ない気がしています。とにかく新卒採用で終身雇用を目指すべきだという考えが多いので、まず僕の理解している範囲内でメンバーシップ型雇用とジョブ型雇用を説明します。

 「メンバーシップ型雇用」
 新卒一括採用で終身雇用を前提としている。次年度の4月までに採用試験を行い、4月から一斉に仕事を開始し、仕事内容は会社によってある程度、決まっている場合もあれば採用後に部署を振り分けられることもある。仕事の経験があるかどうかはそこまで重要視されない。入社後に必要なスキルを身につけていきながら働く。

 「ジョブ型雇用」
 採用時期にはこだわらず、会社にとって必要なスキルを持つ人を募集する。採用後に違う仕事をしたり、経験がない状態で入社することはない。会社にとって必要なスキルがあるかどうかが重要視される。

 日本はいまだに多くの人にとってメンバーシップ雇用が一般的で、イメージする働き方のほとんどがメンバーシップ型だと思います。メンバーシップ型では採用してから仕事を覚えていくのが一般的です。なので、ほとんどの職種で”未経験者でも大丈夫です”という求人を多く見かけます。ただ最近は企業内で新人を育てる余力がなくなってきているので、最初から企業に必要なスキルを持っている人を採用するようになってきている。その結果、日本内でもメンバーシップ型雇用がジョブ型雇用に変化してきている。

 勘違いされているというジョブ型雇用の内容ですが、ジョブ型雇用は雇用した側がいつでも解雇できる雇用方法だと考えられているということ。そういう誤解があるから解雇されづらい新卒採用を薦めるし、倒産しなさそうな安定した企業を推薦します。

 確かに『教養としての労働法』を読むと分かりやすいんですが、日本の労働法自体がメンバーシップ型雇用を基準として作られてるので、解雇がなかなか出来ないので正式採用されてしまえば会社が倒産しなければ、終身雇用される確率が高いという現実があります。しかし、今や企業は数年で倒産するところがかなり増えています。メンバーシップ型雇用で採用された人は、その会社でしか役に立たないスキルだけを身につけて次の仕事を捜さなくてはならない状況になってしまうことがあり、再就職に困るというのもよく聞きます。

 ここからが誤解されていることとつながる部分なんですが、実はジョブ型雇用も解雇自由な制度なわけではなく、アメリカ以外の国のジョブ型雇用では、解雇が自由に行われるわけではありません。

 リストラという言葉に対する誤解

 リストラを行う際に日本ではメンバーシップ型雇用なので、担当している部署がなくなっても他の部署に配置替えされて仕事を続けます。しかし、ジョブ型では会社内に担当部署がなくなれば雇用も終了です。こう聞くと簡単にクビに出来るように聞こえるかもしれませんが、日本では自分が望まない場所で働かされることが許されるともいえます。日本では自分が得意ではない場所に配置されて、評価されることを受け入れるしかないことになります。最初にどんな仕事をするかを契約してその通りに働く。






laptop-g7b49fb8d0_1280