がっちりマンデー

 日曜日の朝7:30~に放送されている「がっちりマンデー」で星野リゾートの社長が話されていた”これからのキャリア”について大切にすべきことが大切だと感じました。職場内で偉い人信号がなくしていく。偉い人信号とは具体的には以下のようなもの。

・机が大きい
・特別な部屋がある
・専用の車がある

 この偉い人信号がある職場では、偉い人信号がなくなることを降格ととらえてしまう。信号がなくなることを、うまくいかなかった、失敗したというマイナスのこととして捉えてしまう。そういうふうにキャリアを考えてしまうと、結果的に失敗をしないまま進んでいくので、立場や給与が年功序列になってしまう。その環境を変えていくためには、自分から学ぶ直すために、役職を外してもらったり、自由に立場を変更できる職場環境を作っていく。

 家具メーカーのニトリさんの社長も会社内で役職ではなく、”さん付け”に統一しているという話をしていました。

 年功序列をやめるべきだという話は昔からずっとありますが、なかなかなくならないのは年功序列になってしまっているという職場環境にあると思います。出世していくことが正解で、いかに失敗しないか、いかに同僚より抜き出るかという職場環境であってはなくならない。

 学校で言うと管理職になっても、やっぱり管理職やめます。というのがネガティブではなく、普通の選択肢としてある環境に向かっていくことが大事なんだろうと思います。



despaired-gc9c26c115_1280