『流浪の月』

 現在、本屋大賞で選ばれた本を中心に読んでいます。本屋大賞はほとんど読破してきました。やっぱり本屋大賞はほとんど外れがないなという印象です。本屋大賞を基準に借りる本を選んでいる人は多いらしく、図書館で貸し出し中になっていることが多いです。今回は2020年度の本屋大賞『流浪の月』を読みました。
 内容は少女と青年の物語。自由な母親とそれを愛する父親のもとで愛情を注がれて育った更紗。ある日、父親の死と母親の失踪によって全てが失われる。更紗は叔母に引き取られる。そこで自由を奪われ常識という息苦しいものに支配されている。さらにそこに住む従兄弟によって更紗はさらに絶望の生活を過ごすことになる。そんな中、小児性愛者であると噂され、友人も大人も近づいてはいけないという青年、文と出会う。更紗はみんなが帰った後の公園のベンチで読書をする。文も同じ空間で読書をする。2人の間に奇妙な関係がうまれる。そんな雨のある日、更紗は文に傘をさしてもらう。そして文に帰りたくないと告げる。文は家に誘ってくれる。なぜか更紗はその誘いを受け入れて家に行く。そこから2人の奇妙な共同生活が始まる。文はけっして更紗に手を出さない、更紗は自由を取り戻す。しかし、そんな生活は文の字少女誘拐事件として幕を閉じる。
 そこから2人は加害者と被害者というレッテルを貼られる。更紗が大人になって、いくら真実を訴えても、けっして事実を覆すことは出来ないまま可愛そうな少女として世間から扱われ続ける。
 世間から真実を拒絶されればされるほど、更紗の心は文と過ごした自由な時間を思い返す。そんなある日、夜しか営業していないという変わったカフェで文と出会う。
 2人の人生は再び交差するのか?文が抱える秘密とは?

とてもとてもいい小説でした。

映画化もされるようです。松阪桃李と広瀬すずが主演ということでかなり話題になりそうです。



 真実を人は信じることが出来ない

 更紗が真実を伝えるほど、多くの人は同情し、心配する。それは冷たいからではなく、むしろ優しいからそうなってしまう。優しい人であればあるほど、過去に小児性愛者であると噂される人と2ヶ月も過ごしたという事実を心配する。その生活の中であった真実を信じることは出来ない。
 人が信じる基準は多くの人が言っているか、そして自分にとって都合がいいかです。アニメで有名な「真実はいつも一つ」は間違っていませんが、けして正しいわけではありません。
 学校の中に目を向けると今まであった事実によって真実が見えていないことは多々あります。今、見ているものが真実ではないと疑う目線を持つことが出来るか。考えさせられる小説でした。


IMG_8853