6wakaイブニング
 
 テレビ和歌山の「6wakaイブニング」という番組に中津分校の紀州備長炭焙煎の珈琲豆販売の取組が放送されます。NHKにつづいて2回目なので、今回はどんな特集になるのか。今回の放送では、僕のインタビューはどれくらい使われるのでしょうか。ちゃんと話せているのか、不安です。
 ただもちろんあくまで主役は僕ではないです。子供たちが放送され、地域の人から応援され、自分たちが地域の一員として、地域を変えていけるんだと思ってくれればいいなと思っています。

 なぜ外に発信するのか

 わざわざ発信なんかしなくてもいい。という人も一定数いるんだろうなと思います。実際、新聞やテレビに取材される機会を作るのは手間がかかりますし、気も使います。
 それでも僕が活動を外に発信しようとするのは”目立ちたいから”ではありません。日本の教育を変えたい、子供が地域の中で自分から学ぶ力を身につけてほしいからです。学校が地域の中に入り、学校だけで教育を行うのではないという取組が広がり、学校と協力したい、一緒に何かやりたいと思ってくれる地域の方が増え、先生の中で地域に出て何か一緒にやってみたいと思ってくれる先生が増えていくことが日本の教育が変わっていくことにつながると信じています。
 子供は取材されることで自分たちがやっていることが注目されていたり、応援されていることを知ることで、地域の中でもっと何かしてみたい、地域の人と一緒に何かやりたいと思ってくれたらいいなと思っています。


 


ダウンロード