今日は細分化というものが何なのか「焼肉」をもとに考えたいと思います。

焼肉といえば多くの人が牛肉を思いつくと思います。


そして牛肉の中で好きな部位はという質問に各自が答えられると思います。


ちなみに僕はハラミです。


ではラム肉の好きな部位は?


どれだけの人が答えられるでしょうか?


つまり言葉とは自分が必要だと思う分野に関しては細かくなっていくのです。


僕が好きな部位としてタンがありますがこだわりがある店ではタンモトとかタンを細分化しているところもあります。


でも僕はタンの名前の分類はタンで十分です。


僕はホルモンも好きです。


なのでセンマイ、ミノ、シマチョウといった分類が必要です。


ホルモンを食べない人からするとホルモンはホルモンでいいでしょう。


当然、店で肉を扱う人にはもっと細かい分類があると思います。


人は必要があれば名前をつけ必要な世界の中でやり取りを行います。


牛肉を仕入れる業者が牛肉の部位の名前を憶えていないと仕事になりません。


でも焼肉好きで食べるだけの人が各部位の名前を正確に覚える必要はありません。



ここで考えてもらいたいことは僕たちは牛肉の部位の名前を全員に覚えさそうとしてないですか?


焼肉を食べるなら牛肉の部位を覚えないとダメです。


最低限、バラとハラミとロースの違いが分からなければ美味しく食べられません。


なんてことをやっていませんか?


そんなことよりまず食べさせろ!!

ってなりますよね。

そもそもその子は牛肉より鶏肉、豚肉、もしかすると羊肉が好きだって考えずに…


焼肉を楽しく食べたいだけなのに…


どうですか?


何を考えましたか??

・・・



焼肉が食べたくなってきましたか?


もし食べたくなってきたら一緒に行きましょう!!


肉の日の看板を見て思いついた内容でした。

niku_yakiniku