ある教師の365日

教師になってそれなりの年月が流れました。 よく教師は何にでも挑戦して失敗してもいい!! って教えてます。でも、実際に教師が挑戦することはなかなかできてません。 教師がまずは挑戦して失敗してみよう! そんな思いで書いてます!! バカなことも真面目なことも書いてます(。>∀<。) お気楽に読んでお気楽にコメントしてください。 Twitter:@ryousukeajiro Instagram:ajiroryosuke

教育関係を中心に読んだ本の感想、体験したこと、日常で感じたこと、とりとめのないことを毎日、書き綴っています。 読んでくれた人にとって何かの刺激になったり、考えの手助けになったら嬉しいです。 僕自身に興味を持ってくれた方は他のSNSでも繋がってくれたらなと思います。

 生石高原に行ってきました 一面にススキが広がる絶景として県外からも多くの人が訪れる生石高原に行ってきました。多分ピークは来週か再来週あたりだと思いますが、十分すぎるくらい綺麗なススキ草原でした。ほんと良い景色なのでお勧めです。お弁当を持って行くといいと ... もっと読む

 タイトルのインパクトに惹かれて借りました。 『おっぱいマンション改修争議』というインパクト強めのタイトルに惹かれて読んだことのない作家さんでしたが、読んでみました。タイトルから連想されるような下ネタ的な要素はない内容でした。もちろんがっかりしているとか ... もっと読む

『火星に住むつもりかい?』伊坂幸太郎 間違いなく再読なんですが、初読の気持ちで読み終えました。途中で読んだことある気はしながらだったんですが、最後まで内容を思い出すことなく読めたので得した気分でした。タイトルはSFっぽいですが、内容はSF要素はまったくないミ ... もっと読む

 『店長がバカすぎて』 書店員が主役の物語。あらすじは以下の通りです。谷原京子、二十八歳。吉祥寺の書店の契約社員。超多忙なのに薄給。お客様からのクレームは日常茶飯事。店長は山本猛という名前ばかり勇ましい「非」敏腕。人を苛立たせる天才だ。ああ、店長がバカす ... もっと読む

 これから求められるのは「資本主義のハッカー」 山口周さんのインタビュー記事を読みました。いつも通り興味深い内容ばかりでした。興味のある人は全文をお読み下さい。 まず最初の違和感の感度が低い人は問題を見つけられない。その例で出てきた「スタディサプリ」。今 ... もっと読む

↑このページのトップヘ